歯科総合指導法について

歯科総合指導法とは・・・⇒良い生活習慣を身につけ、歯や身体の健康をる為の指導法です!

生活習慣の積極的な改善が、5年後・10年後の歯や身体の健康を実現します!
「なぜ歯磨きをするのですか」という質問をよく耳にしますが、その答えはもちろん
「むし歯にならない為」ですね。
車も定期的にメンテナンスをしますがなぜメンテナンスをするかというと、運転して
いる時に

故障してトラブルが起きないようにする為ですよね。
では、人の身体についてはどうでしょうか?

残念ながら、今日の日本は、まだまだ「病気になってから治療をする」方が圧倒的に多いです。

人間ドックや町の検診などはありますが、「病気にならない為に」病院を受診するという考え

方はほとんど無いと言っても過言ではありません。
 
健康に生活するための3原則は・・・

病院に入院した時、適切な運動・食事・睡眠を取るよう病院側が管理する理由は、治療をするためだけでなく、上記の3要素を規則正しく行わせることによって人間の本来の自然治癒力を引出し、身体の回復をよりよく行う為です。

入院しなくても、風邪を引いたときは「しっかり栄養を取り、しっかり寝て下さい」とアドバイスを受けますよね。

つまり、歯科や医科に関わらず、病気や痛みのほとんどが「悪い生活習慣」を繰り返してしまう事が原因だと言わざるを得ません。(やけどや怪我などの外科的症状は別ですが)

これは歯科学についても同様で、悪い生活習慣や口腔ケアが適切に行わなければ…

①動く(運動)

②食べる(食事)

③寝る(睡眠)

という悪循環に陥りやすくなってしまいます。
口腔内の状況改善については、現在医科分野でも大変注目されており、悪い口腔内を改善した事で美味しく正しく食事が出来るようになり、身体内における栄養状態が改善され患者様の病状が回復傾向になったという症例も多数報告されています。

 


 出典:医療法人財団千葉健愛会 あおぞら診療所HP臨床ページより

しかし、ただ歯を治せば健康な状態になれるのかといえば、そうではありません。
むし歯や歯周病だけが、歯を悪くする原因ではないからです。
身体の歪みや頭蓋骨、顎の歪みからバランスが悪くなり、歯に余計な負担がかかり歯が悪くなるという事もあるのです。
これは逆に歯が悪い状態が続くことによって、身体の歪みや症状にもつながるのです。

例えば、身体の土台とも言える骨盤が歪めば…

①歯痛
 むし歯、顎関節症、不眠症、肩こり、めまい等
②首痛
 肩こり、腰痛、歯痛、不眠症、背中痛、手のしびれ、腕の腱鞘炎等
③背中痛
 首痛、腰痛、不整脈、胃腸病、消化不良、心臓病、内臓疾患等
④腰痛
 冷え性、生理不順、生理痛、下痢、便秘、ひざ痛、足のしびれ等

人には歯から全身すみずみまで様々な症状や病気があります。
しかし、歯に限らずどんな病気でも、治療だけを繰り返していれば悪循環に陥り、返って悪化してしまう事があります。
本当の健康を得るためには、積極的な生活習慣の改善と、病気に対する考え方=予防の意識が必要なのです。

私たちコアラ歯科では、この改善法を
 
「歯科総合指導法」

と命名しました。

患者様に歯科を通して歯だけでなく身体も含めたトータルケア及びサポートを行います。

問診、検査、視診、写真などで生活習慣で改善するべき部分を一生懸命お探しします。
そして生活習慣改善に必要なアドバイスだけでなく、道具や栄養などもご用意しております。

【真の健康】を目指して、二人三脚で一緒に頑張りましょう!

  • Facebook Social Icon

コアラ予防歯科

on Facebook!

皆様からの「いいね!」

お待ちしております♪

最新情報をツィート中!

楢山院長の「いい歯なし」

なブログ公開中です。

  • Twitter Social Icon
  • gadget00036_edited_edited